デッドバイデイライト公式放送 2020-02-14 ヒットボックス編

  • 2020.02.14
  • dbd
デッドバイデイライト公式放送 2020-02-14 ヒットボックス編

不定期ですがQアンドA放送が行われまた。
今回のテーマはヒットボックに関しての問題に関して語られてましたね。
詳しい内容は各自見て頂いたほうがズレが無いかと思います。

ざっくりゆうとデッドバイデイライトのヒットボックスはどうなってるのかと、なぜ起こるのか?
後は細かい質問だったと思います。


その中での面白そうな映像。

これがデッドバイデイライトのヒットボックスですね。
ヒットボックスとはキャラの見た目通り判定をつけるわけでは無く、こういう箱状の当たり判定にすることでヒットの安定性を確保するというものです。
素人考えだと足先、指先までしっかり判定つけろよーとか思いそうですが、ソレをやってしまうと走っている最中のほんの少しだけ伸びたつま先に攻撃がヒットしたりと問題が非常に起こりやすくなるんですね。
デッドバイデイライトはこの楕円形のヒットボックスになっていて、この楕円形のどこかに攻撃がヒットすればヒット判定になります。

キラーとの比較。
キラーのほうがヒットボックスが大きいんですね。
これは前から公言されていて、ヒットボックスが大きい故にチェイス時に最短をついたとしても理論値は出ないようになってます。
秒速4.6Mのキラーが標準なのですが、実際は少し遅いです。
それはカーブでトラックの外側を走らざるを得ないからです。
まあ・・なんです・・この点から見てもナース最強

結構前にもこの映像は出ていたと思いますが再度登場。
クローデット・モレルがヒットボックスからずれてるのがわかります。
これはヒットボックスの弱点ですね。
細かいモーションまではヒット判定は追従しないんです。
だから移動モーション中に攻撃を食らったりしたらそういったズレから当たってないのに当たってるということが起こってしまうのでしょう。

キラーの攻撃判定。
これがサバイバーのボックスに当たるとヒット判定になります。
黄色がため攻撃で、赤色が微貯め攻撃かな?
短ぶりは攻撃判定1メートルも無いはずですから。

ちなみに背景にある柱とレンガの間は/Mなのでため攻撃には目測4M程度の攻撃レンジがありそうですね。


いま海外のフォーラムで毎度のように話題に上がってるのが、ヒットボックスまわりの話題ですので、そこの懸念に答えたかったのでしょう。
正直いうとそこより他のバグを・・・・と思ったのは私だけでしょうかw

しかし、今時期この内容をするってことは次回の新章で実装されるんだとおもいます。楽しみですね

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る

dbdカテゴリの最新記事


Warning: A non-numeric value encountered in /home/rossoheaven/dbdenjoy.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55

Warning: A non-numeric value encountered in /home/rossoheaven/dbdenjoy.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55

Warning: A non-numeric value encountered in /home/rossoheaven/dbdenjoy.com/public_html/wp-content/plugins/wp-social-bookmarking-light/vendor/twig/twig/lib/Twig/Environment.php(462) : eval()'d code on line 55